--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月07日

●タバコ

 蜂のところで煙草の話が出たから、というわけでもありませんが、今日目に留まったニュース。そういや帰宅したけど蜂いなかったな。わずかに開けといた窓の隙間からうまいこと出ていってくれたんだろうか。
 アサヒコムを見ていると、東北・上越新幹線の喫煙車廃止へ、在来特急もというニュースが。新幹線なんて何年かに一度しか乗らんので、個人的にはあまり関係のない話ですが。長時間移動の途中で一本も喫えないのは、しんどい人にはとことんしんどいんだろうなあ。わざわざ途中下車しての煙草タイムも移動計画に含まれるようになるのかも。

同社は「受動喫煙を完全に防ぐには、全車禁煙しかないと判断した」と説明している。代わりに駅の喫煙コーナーを増やす。
(中略)
四国は11年度までに喫煙車を全廃する方針だが、JR東海・西日本は喫煙車を当面残す。
(中略)
東海道・山陽新幹線に来年夏デビューする新型車両は、デッキの喫煙コーナー以外はすべて禁煙になる。
 わたしは喫煙者ですが、それを不快に思う人が少しでもいる限り、それが健康を害する可能性が少しでもある限り、全面禁煙は当然の措置だと思います。珈琲に煙草は欠かせないけどね、必要ならば喫茶店でも全面禁煙にしてくれてもいいよ、そんときゃ自分の部屋ひきこもってひたすら喫うよ。
 知らない間に知らない人の寿命をちっとでも縮める確率が上がるのは、本当は苦しいことだと思う。いつでもどこでも喫煙可能だっていうのは、煙草が害悪だってことがいまいち認識されていなかった時代の文化だもんなあ。
 しかし、喫う側が当たり前の顔をできる世の中もイヤだが、喫わない側が当たり前の顔をできる世の中も、同様にイヤなんだな。どうしてそれが良いのか悪いのかを分かっていたい。と言って、口の立つ奴が勝てる世の中もイヤなんだけれど。そのへんのパワーバランス。パワーバランス? 違うな。負け犬の遠吠え、みたいな感じなのかな。


テクノラティ:

2006年06月07日

●タオ探偵

 一発目で「田尾探偵」て変換されてなんか萎えた。
 それはともかく、今週のvodafoneステーション文庫は、藤野恵美さんの「タオ探偵 店でいちばん醜い猫」です。タイトルだけパッと見て、「耳をすませば」のバロンみたいな猫探偵の冒険活劇を想像してたのですが、今のところそういう流れでは全くナシ。タオ、という名前のキャラさえ出てきておりません。
 なんだか話の進み具合がゆっくりなような気もするので、もしかして真弓創さんのウエスタンシリーズのようにときどき連載になるのだろうか。この先が楽しみです。

 そういえば藤野さんの著作「七時間目の占い入門」を買ったんですよね。
 期待し過ぎてたなあ。いやいや悪い意味ではなく、やっぱり純粋に子供向けとして書かれているものをこの歳で読むのはキツいなあ、というだけの話で。いわゆるライトノベルと、明らかに子供を対象として設定されてる文庫シリーズとでは、やっぱりこれだけ内容に差が出るのかなあ…とぼんやり思った。何がどう違うのかはっきりとした言葉にはならないのですが。空いた時間で一気に3分の2ほど読んだまま、一週間ほど放置中。
 きちんと結末まで読んでから、また改めて感想を書こうと思っています。

 ついでなので携帯話。今日仕事帰りになんとなくボーダフォンショップに寄ってみたけれど、705Tはまだモック入荷も発売も未定とのこと。どこかのブログで見かけましたが、705Tは、miniSDの付属を無くした・マクロレンズを外付けタイプにした、などの部分で価格を削っていて。中身は803Tと本当にほぼ同じものだけれど、徹底的にコストダウンを図ったモデルということだそうです。
 いろんなサイトで価格表を見ていると、発売から時間が経った803Tと新規の705Tと、値段がほとんど同じ。なるほどなーという感じです。しかし、値段はあまり変わらず機能がほとんど同じなら、迷わず803Tを選ぶと思うんだけどな。よっぽど色が気に入ったとかでもなきゃ、デメリットしかないような気がする。しかも比較対象の803Tはメール関連その他がなかなか使いにくいという評判だし。
 というわけで、705Tへの機種変更はやめようと思いました。うーむ…ソフトバンクに期待するのも賭けだよな。604Tかー。どうしよう。


2006年06月06日

●蜂

 今朝の話。出掛けに煙草に火を点けたら、虫の羽音がするんですよ。ミスターコックローチ系の邪悪な音ではなくて、もっとこう、凶悪っぽい気配。
 見回してみるといました、窓のさんの辺りに脚の長い蜂。なんつーんですか? そのものズバリのアシナガバチでいいんですか? うひーさっき顔洗ってたときとか近かったはずじゃん、刺されなくてよかった。
 ためしてガッテンやご近所の底力で得た知識を遺憾なく発揮して、頭を低く移動。ほうほうの体で逃げ出しました、NHK万歳。おかげで普段より微妙に早く出社だ。
 職場で話したら、いいこと(?)を教えてもらいましたよ。昆虫ってあんまり目が良くないから、そこに何かがいることを、熱とか匂いとかで察知するんだそうです。だから煙草喫い始めたら活発になったのかよ、な、なるほどー。今日の教訓:蜂に襲われたら煙草は消すこと。
 で、今。就業時間を終えて帰宅の徒に着いているわけですが。どうせよというのだ。このまま帰ったらあいつ明らかにまだ部屋にいるよなー。フルフェイス外せないじゃん。


テクノラティ:

2006年06月06日

●ゲーム専用検索エンジン

 ゲームを詳細な目的別に探してくれるような検索エンジンがあるといいな、と思った。心理テスト形式みたいにして、いくつかの質問に答えるとぴったりのゲームを教えてくれるようなサービスがあるといいなあ。
 例えば今わたしは、「ストーリーとかあんまり関係なしに戦闘も短くサクッと楽しめる」というようなゲームを遊びたいと思っている。そんでさらに我儘を言えばですね、夜はたいてい疲れてるから頭使うパズルみたいなのはイヤ、反応が鈍いからシューティングとかアクションとか格闘モノもダメ。毎日短い時間ずつしかプレイできないけど、とにかくなんかRPGやりたい。爽快感とかグラフィックの美しさとかはあんまり重視しない。
 まあなんか人力検索系のところ探せ、或いは2chで訊け、っていう話なんですがね。数日前に買った「ルーマニア#203」をちょっとやって寝ようと思う。


2006年06月05日

●今週の「スミレ♥16歳!!」

 今週っつか、先週分ですが。なんだかすっかり筆不精になってしまった。
 新学年の生活にも慣れてきて部活巡りの3人。少々季節外れな感じだが、連載開始が4月に間に合わなかったのだし、そのへんは許容範囲内か。キャンディくわえたあけびちゃんがきゃあきゃあ楽しそうに女子高生を満喫しているのがすごくいいなあ。スミレと同じで彼女も外れた者だから、ああいう姿が描かれているのは、なんかすごくいい。
 あけびちゃんはなかなか良いですね。ヤクザの娘であるがゆえに、血の気の多い正義感がうまく効いている。ランちゃんの場合だと、単に活発な女の子だっていうだけで、「どうしてそこまで他人のために必死になれるの?」と疑問に思う部分もあったからなあ。ていうかそれは、ランちゃんの性格が描き切れていなかったのが悪いんで、ランちゃん自身が悪いわけではないのか。ともかく、あっという間にスミレに馴染んだあけびちゃんと、未だに引き気味のレンゲちゃんの普通っぽさと、対比が綺麗にできていると思う。
 腹話術同好会のところで少しあれっと思ったのは、スミレ(オッサン)に対して「あんたは腹話術してるようなもんじゃん」という台詞。深読みすれば、これって、オッサンが女子高生の声音じゃなくてオッサンそのものの声で話してるってことになるんだろうか。
 ゴルフ部のくだりでは笑いました。中年男性が得意そうな分野って、他にはなんだろう、将棋とか囲碁とかなのかな、偏見。2ch見てたら「ゴルフがどのようにバカうまだったのか、もっと面白おかしく詳しい説明が欲しかった」って意見も見かけたけど。いやーあれはあの一コマだからいいんだと思う。今週は詳しい説明を必要としない言い切る面白さが復活してきたような感じでした。
 新体操憧れるー!のコマで、えーまさか二番煎じ?と思いましたが、意外な展開でボクシング部へ。数あるスポーツの中でまさか! オッサン最も苦手そうじゃん! どうすんだ! と期待に胸を膨らませつつ、次号へ続く。ここまで続けてスミレを読んできて、続きが続きとして効果的で楽しみ、という印象を持ったのは初めてかも。


メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。