--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月27日

●よつばと! 5 巻

 おわらない夏のおわり。
 ヤンダ登場、夏休み終了、と、物語が動いた。いつも通りの何も無い毎日なのに、夏がこんなにも郷愁を誘うのはどうしてなんだろう。夏の終わりが、か。何も無いからこそ、か。
 「よつばと!」を読んで楽しくなったり物悲しくなったりできる自分はまだまだ捨てたもんじゃないと思える。秋になって冬になって春になって、また夏になるだろうことが嬉しいのが、嬉しい。


テクノラティ:

2006年04月25日

●今週の20世紀少年(ネタバレ注意)

 よく行く定食屋には珍しくスピリッツが置いてある。スピリッツが置いてあるからよく行くのだと言っても過言ではない。よく行く、と言っても週に一度ぐらいのもので、そういえば先週は行かなかったな、20世紀少年と団地ともお読んどくか、と今日の夕飯は外食にした。
 で、びっくりですよ、先週今週で一気に話が進んだ(飛んだ)挙句に「7 年間ご愛読ありがとうございました」と。年明けから最終章が始まります、と。年明けってウォイ、まだ年度が始まったばっかりですよ! 春ですよ!
 あらすじは Wikipedia の年表の項に詳しいので割愛するが、「ともだち」の最有力候補と思われたフクベエが亡くなったのも、思えばずいぶん前の話だ。では、現在のともだちは誰だったのか、それも明かされていないままの終了。Wikipedia では、小学生時代にジジババの店で万引きをしたことがあり、これが「ともだち」誕生のきっかけとなった。とはっきり書かれているが、これだって、実際にどのような経緯があったのか、何も描かれていないままだ。
 そもそも「ご愛読ありがとう」と書いているのに「年明けから最終章」というのもよく分からない。下手をすればこのままうやむやに、再開はなかったことになってしまうんじゃないか、とか。いやそれはさすがにないか。

 浦沢直樹の作品については、すでにたくさんの人がたくさんのことを述べていて、特にその伏線の張り方の巧みさに関しては、いまさらここでリンクを張るまでもない。ただ、その伏線の使い道は、読み手を興奮させるという点においては確かに見事なのだが、とにかく詰め込み過ぎで消化不良の感が否めない。また、結論が描かれない伏線は伏線とは言えないだろう、という意見も多い気がする。
 だから、この人の描くミステリーは、本当に本当に消化不良だ。「MONSTER」のときだって、多くの人が不満を抱いたように、わたしも「大風呂敷を広げ過ぎてたたみ切れていない」という印象をもった。
 例えば「YAWARA!」を主人公の恋愛成就物語と見るなら、一つの目的に向かって散りばめられた伏線の消化は大成功しているだろう。感情の機微の、しかもすれ違いは、充分に伏線と呼べるものだと思う。つまりだ、充分過ぎるほどにフラグ立ってるのにつまらないケンカとか遠慮とかしちまう、いやそれもまたフラグの一つの形ではあるんだがそれにしてもそれにしても、というあのもどかしいのに腹立たしくない読後感。少年マンガ恋愛カテゴリでは、高橋留美子作品と双璧を成すと個人的には思っている。
 だが、ミステリーを描くときに、一つの物語をいろんな方向から描くのではなく、一つの物語にまつわるエピソードをあらゆる方向へ描こうという、作品に対する姿勢は大好きだ。あとはまぁ単純にこの絵柄が好きだ。だから許せて、読んでしまうんだけれど。本当は話を消化していくためのマンガではなく、読み手に緊張感を与えるためだけのマンガなのかもしれない。「勢いマンガ」と言ってしまえば、言葉は悪いけれど理解してもらえるだろうか。
 と言って、真面目に一から通して読了した浦沢作品は YAWARA と MONSTER と、この20世紀少年だけである、ということも白状しておく。

 しかし思えば「20世紀少年」の連載第一回はすごかった。あんなに緊張してあんなに興奮したマンガは初めてだった。静かなのにザワザワする、嵐の前の静けさとかそういうものとは違う、記憶の嫌な部分に触れてしまったような、だけど続きが気になる感じ。改めて第 1 話から読み直してみようと思う。
 さらに思えばあのころがわたしにとってスピリッツ全盛時代だった。と、当時を思い出そうとしても、なぜか「2 組のお友達。」と「センチメントの季節」ぐらいしか出てこない。ついでにアフタヌーン全盛時代だった。そちらは「反町くんには彼女がいない」「菫画報」「仮面天使」「ディスコミュニケーション」「無限の住人」「五年生」と、思いつくままにいくつも出てくるんだけどなあ。
 過去マンガ感想録を作るのも楽しそうだ。そのときは20世紀少年についてもきちんと検証してみようかと思う。

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。