--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月07日

●タバコ

 蜂のところで煙草の話が出たから、というわけでもありませんが、今日目に留まったニュース。そういや帰宅したけど蜂いなかったな。わずかに開けといた窓の隙間からうまいこと出ていってくれたんだろうか。
 アサヒコムを見ていると、東北・上越新幹線の喫煙車廃止へ、在来特急もというニュースが。新幹線なんて何年かに一度しか乗らんので、個人的にはあまり関係のない話ですが。長時間移動の途中で一本も喫えないのは、しんどい人にはとことんしんどいんだろうなあ。わざわざ途中下車しての煙草タイムも移動計画に含まれるようになるのかも。

同社は「受動喫煙を完全に防ぐには、全車禁煙しかないと判断した」と説明している。代わりに駅の喫煙コーナーを増やす。
(中略)
四国は11年度までに喫煙車を全廃する方針だが、JR東海・西日本は喫煙車を当面残す。
(中略)
東海道・山陽新幹線に来年夏デビューする新型車両は、デッキの喫煙コーナー以外はすべて禁煙になる。
 わたしは喫煙者ですが、それを不快に思う人が少しでもいる限り、それが健康を害する可能性が少しでもある限り、全面禁煙は当然の措置だと思います。珈琲に煙草は欠かせないけどね、必要ならば喫茶店でも全面禁煙にしてくれてもいいよ、そんときゃ自分の部屋ひきこもってひたすら喫うよ。
 知らない間に知らない人の寿命をちっとでも縮める確率が上がるのは、本当は苦しいことだと思う。いつでもどこでも喫煙可能だっていうのは、煙草が害悪だってことがいまいち認識されていなかった時代の文化だもんなあ。
 しかし、喫う側が当たり前の顔をできる世の中もイヤだが、喫わない側が当たり前の顔をできる世の中も、同様にイヤなんだな。どうしてそれが良いのか悪いのかを分かっていたい。と言って、口の立つ奴が勝てる世の中もイヤなんだけれど。そのへんのパワーバランス。パワーバランス? 違うな。負け犬の遠吠え、みたいな感じなのかな。


テクノラティ:
スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。