--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月24日

●サンマリノGP

 所用で焼き肉食って帰ってきたら深夜を回っていた。
 最初の 30 分を見逃してしまって、その時点ですでに追われるシューマッハ兄と追うアロンソ、2 人の独擅場。結局、アロンソはシューマッハにかわされ続けて、残り 2 周で縁石に乗り上げるというミスで差が広がってしまったりして、そのまま終了。「ヴィルヌーヴのミスでアロンソがピンチだー!」という実況の言葉にちょっと笑った(「ヴィルヌーヴコーナー」という名前の場所でのミスだったのです)。
 たった 2 台のバトルなのに最後までハラハラしながら見ることができて、レース自体は面白かった。けれど、その 2 台以外がほとんど映らなかったりで少し不満。せっかくモントーヤが 3 位だったのになあ、10 秒以上の差をつけられちゃ仕方ないなあ。だけど試合後のインタビューぐらいはちょっとでもいいから放送してほしかったなあ。
 そしてバトン。まだ給油が終わっていないのにスタートしてしまって、ガソリンホースごとスタッフまで引きずって走り出して、下手すれば大火事?という事故がありました。ロリポップを上げてしまったスタッフが一番悪いのだが、せっかく前節を捨てて今回に挑んだはずなのに(というか、だからこそ?)、もったいなかった。
 琢磨も 4 戦目にして初リタイア。どこで何がどうなってリタイアだったのかあまりよく分からない。TV で見るだけのもどかしさはこれだ。と言っても F1 の場合ステージが広いから、全体の概況はむしろ TV で見ているほうがよく分かるんだろうけれど。
 積極的に攻めていくアロンソを見てニヤリと不適な笑みのフラビオさんと、レースが終わってコース内でまで大喜びのマーシャル・観客が印象的だった。


テクノラティ:
スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。