--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月12日

●F1イギリスGP

 ライコネン、久々のシャンパン一気呑み。モントーヤも6位入賞。マシンの不調が続いたマクラーレンも、じりじりと調子が上がってきているようで嬉しい。今のところアロンソの独走を許しているけれど、すぐに追いつくよ。ねえ。そして、ヴィルヌーヴおめでとう! ハイドフェルドと合わせてチーム的にも大喜びだったろうし、何よりジョアンナさんにも祝福を。
 あまり映像には映らなかったけれど、入賞ライン前後の戦いはなかなか激しかったのかな。モントーヤだって8位スタートの6位だったし、バトンのリタイアを筆頭になかなか混乱が続いていたような。ロズベルグが入賞を逃したのは残念だけど、若いんだからまだまだ先があるだろう。

 今シーズンの放映はオープニングの映像がかっこいい。あのギリシャ風の仰々しいオープニングのほうじゃなくて、アバンのほう。選曲センスは好き嫌いがあると思うけど、レース直前の選手の表情とか、普段の街並みの様子とか、曲に合わせた編集がかっこいい。今回のはサッカーのワールドカップと合わせて「ジャパンパワー!」とかっつっていまいちな出来だったけど。
 歴代の放送で使われてきた曲って、フジテレビのサイトで見ることができるんですね。音楽好きなスタッフが毎回いろいろ考えているんだろうな。

 唐突に、なんとかしてほしいことリスト

  • フェラーリクルーのヒゲに毎回目を奪われる。なぜいつも画面中央に映るのか。あの笑顔がたまんねえ。
  • ドライバープロフィールの横に小さく表示される顔写真、あれさ、クルサードだけどうして斜め下からなのか。ますますデカく見えるじゃないか。
  • フラビオさんの開襟、たまらなく…セクシー
  • あちこちで言われていますが、モントーヤとモンテイロとモンタニーが区別つかないんです。MONとかMOTとか。何か、略し方のルールってあるのかな? それとも早い者勝ちで適当に割り振られてるだけなのかな。
 ところで、井出の近況ですが、どうやらまだまだやる気燃え盛っているようで安心です。国際自動車連盟(FIA)からF1車の運転に必要なスーパーライセンスをはく奪された井出有治(スーパーアグリ・ホンダ)が11日、F1シリーズに再挑戦する意思を明らかにした、とのこと。


テクノラティ:
スポンサーサイト

2006年06月11日

●今週の「スミレ♥16歳!!」

 先週楽しみにしていたわりにはイマイチだったかなあ。単純にオヤジの一挙手一投足を楽しむマンガと思えばいいんだろうけれど、「17歳」のときにあった、女子高生のイデアとしてのスミレを鑑賞して喜ぶ感は薄くなっている気がする。「いい話」「いいエンディング」という前提で読んでいるからかもしれないが。
 いや、でも、やっぱりスミレは弱くなってきてるよなあ。あけびちゃんとかが印象的なせいで、余計にスミレの性格を意識せずに過ぎてしまっているからだろうか?
 つーかオヤジおもしれーよ。スミレの背景に必ずオヤジはいる。当たり前なんだけど、いや、当たり前じゃないだろそれ。立ち読みだとサラッと流してしまうけれど、既にその状況を受け入れている自分がいる。本当にスミレがいたら、いつしか慣れてそんなふうになってしまうのだろうか? こえー、こえーよー。
 ところで、今回の扉上アオリ文には、はっきりと「腹話術で動く」って書かれてましたね。それちょっと日本語おかしいだろ、というツッコミはともかく、やっぱアレは腹話術なのかなあ。ちなみに、巻末目次の作者一言コメント欄では毎回スミレが喋っているのだが、その点で深読みするなら「永吉たける=オヤジ説」が。


2006年06月11日

●タクティクスオウガ記録

 ハボリム! ハボリム! ということで、全行程中でも最も難しいマップの一つ、と言われるハボリムの救出。まずは正攻法で、それがダメなら弓士をやたらと増やして、それもダメならウィッチ増やしてクイックムーブ使いまくりで…と、自力で15回挑戦したがうまくいかずに。  結局攻略サイトに頼ってしまいました。弓士とクイックムーバーは2人ずつで充分なのかー。そのへんのバランスぐらい15回もやってたら考えろよ、という感じで、何か情けない。
 以前にも挙げましたが、自分ルールとして設定していたのは、1.戦死者を出さないこと、2.「リーダーを倒す」が目標のマップであってもなるべく敵全員を倒しなるべく全部のカードを確保すること。
 だったのですが、早々に脱落。まあ大した物を期待できないトロフィーに執着するよりも、ハボリム先生とペトロクラウドを確実に手に入れるほうが正しいだろう、という判断ですが。2時間ぐらい粘ってダメだったので妥協してしまった。
 ところで、こちらの攻略サイトの記述が間違っていることに気付いてしまいました。「ハボリムが死んだら即座にリザレクション」とのことですが、リザレクションはゲストキャラには使えないようです。

 ついでに、先日なぜか「タクティクスオウガ アイコン」という検索でいらした方がおられたので、見つけたサイトを貼っておきます。オウガ・アイコン工房。こちらの攻略ページにもお世話になっています。


2006年06月09日

●Winny匿名神話崩壊の兆し

 Winny上の著作権侵害ファイル、保有ノードのIPアドレスを特定可能に。来ましたねえ。47氏逮捕から2年以上経って、ようやく、こうしたツールが開発されるまでに至りました。これでユーザーは減ったりするのだろうか…。
 数年前から、「匿名」とか「著作権」とかいうことについてつらつらと考えていて。機会があればここにも自分なりの意見を書き留めておきたいんだけれど、残念ながら未だにまとめ切れていない。ブログ連の話とか、ここしばらくタイムリーな話題だな、とは思っているのですが。
 ものすごくおーざっぱに一言で切って捨てるとですね。誰しも、自分の発言に責任を持つならば、自分の発言に対して著作権を主張できる、と思っていて。それは、名無しだろうと固定だろうと、ネット上だろうとリアルだろうと、同じことで。人間の良心を信じるなんて大袈裟な話ではなくて、誠実であれば、結局、社会全体が得をして最終的に自分も得をするんだと思っていて。だけど(わたしを含めた)多くの人がそういうふうに生きられないのは、単に怠惰だからなんだろう。
 という程度の浅い文章にしか、今はまだ、ならない。
 あと最近もう一つ興味があるのは、ネットの将来ってどうなっているんだろうな、ということ。現状では、インターネットってタダでいろんな情報が手に入ってすごいぜー、という錯覚を起こしがちだけれど、本当はそんなことはないんだろう。誰かが情報提供してくれる代わりに、大なり小なり自分も何かを提供しているんだろう。Winnyで言えば、意識せずとも自分も道筋の一つとなっている、という部分がそうだ。
 47氏がどういう形で著作権革命を目指したかわたしはよく分かっていないんだけどさ。「自分は、ネットで、これこれの情報を得させてもらった。だから今度はわたしが何がしかのものを還元しますよ」っつってマンガ家がWinnyで作品を発表したり、還元・共有をスマートにできるようなネットの規範が出来上がれば面白いのに。そういう意味での情報の共有化には、だが、きっと向かわないんだろうな。消費者はほとんど100パーセント消費者で、親切な職人さんの数は限られている。いやまあWinnyだけの話ではなくて。
 陳腐な言葉だけれど一応記しておきたいのは、モノは使う人の志一つで善にも悪にもなるのだということ。イエスわたしはWinny擁護派です。


テクノラティ:

2006年06月09日

●moon攻略サイト

 ゴールデンウィークにamazonで購入したmoonだが、タクティクスオウガばっかりやっているのでちっとも進めていない。なんとなくmoonは時間のあるときにプレイしたいゲーム。時間のあるときというか、時間を気にしなくていいような状況のとき。なんと世知辛くも、毎日の生活の中にはなかなか組み込めないゲーム。思い入れが強過ぎるのだろうか。
 攻略本は攻略本で、読みごたえのあるコレクターズアイテムなのでいいのですが。それとはまた別に昔お世話になった攻略サイトをずっと探していて。一月かかってようやく見つけましたよ。なんせ大元のラブデリックのサイトがもうすでになくなっちゃったからなあ。「moon」とか「攻略」とかのキーワードではなかなか見つけられずに苦労しました。ゲーム専門のリンク集サイトからようやく発見。
 moonって息の長いファンがたくさんいるのですね。わりに新しく開設されたと思しき攻略系のサイトなんかもいろいろ見つけた。せっかくなので貼っておこう。一番上がお世話になったサイトです。どうしても一目ぞうをキャッチできずに最後に残しちゃったんだよな…。だけど結局は攻略サイト見ても「タイミングを合わせろ」ってことしか分からなくて、とかね。ひたすら懐かしいな。


テクノラティ:

2006年06月07日

●タバコ

 蜂のところで煙草の話が出たから、というわけでもありませんが、今日目に留まったニュース。そういや帰宅したけど蜂いなかったな。わずかに開けといた窓の隙間からうまいこと出ていってくれたんだろうか。
 アサヒコムを見ていると、東北・上越新幹線の喫煙車廃止へ、在来特急もというニュースが。新幹線なんて何年かに一度しか乗らんので、個人的にはあまり関係のない話ですが。長時間移動の途中で一本も喫えないのは、しんどい人にはとことんしんどいんだろうなあ。わざわざ途中下車しての煙草タイムも移動計画に含まれるようになるのかも。

同社は「受動喫煙を完全に防ぐには、全車禁煙しかないと判断した」と説明している。代わりに駅の喫煙コーナーを増やす。
(中略)
四国は11年度までに喫煙車を全廃する方針だが、JR東海・西日本は喫煙車を当面残す。
(中略)
東海道・山陽新幹線に来年夏デビューする新型車両は、デッキの喫煙コーナー以外はすべて禁煙になる。
 わたしは喫煙者ですが、それを不快に思う人が少しでもいる限り、それが健康を害する可能性が少しでもある限り、全面禁煙は当然の措置だと思います。珈琲に煙草は欠かせないけどね、必要ならば喫茶店でも全面禁煙にしてくれてもいいよ、そんときゃ自分の部屋ひきこもってひたすら喫うよ。
 知らない間に知らない人の寿命をちっとでも縮める確率が上がるのは、本当は苦しいことだと思う。いつでもどこでも喫煙可能だっていうのは、煙草が害悪だってことがいまいち認識されていなかった時代の文化だもんなあ。
 しかし、喫う側が当たり前の顔をできる世の中もイヤだが、喫わない側が当たり前の顔をできる世の中も、同様にイヤなんだな。どうしてそれが良いのか悪いのかを分かっていたい。と言って、口の立つ奴が勝てる世の中もイヤなんだけれど。そのへんのパワーバランス。パワーバランス? 違うな。負け犬の遠吠え、みたいな感じなのかな。


テクノラティ:

2006年06月07日

●タオ探偵

 一発目で「田尾探偵」て変換されてなんか萎えた。
 それはともかく、今週のvodafoneステーション文庫は、藤野恵美さんの「タオ探偵 店でいちばん醜い猫」です。タイトルだけパッと見て、「耳をすませば」のバロンみたいな猫探偵の冒険活劇を想像してたのですが、今のところそういう流れでは全くナシ。タオ、という名前のキャラさえ出てきておりません。
 なんだか話の進み具合がゆっくりなような気もするので、もしかして真弓創さんのウエスタンシリーズのようにときどき連載になるのだろうか。この先が楽しみです。

 そういえば藤野さんの著作「七時間目の占い入門」を買ったんですよね。
 期待し過ぎてたなあ。いやいや悪い意味ではなく、やっぱり純粋に子供向けとして書かれているものをこの歳で読むのはキツいなあ、というだけの話で。いわゆるライトノベルと、明らかに子供を対象として設定されてる文庫シリーズとでは、やっぱりこれだけ内容に差が出るのかなあ…とぼんやり思った。何がどう違うのかはっきりとした言葉にはならないのですが。空いた時間で一気に3分の2ほど読んだまま、一週間ほど放置中。
 きちんと結末まで読んでから、また改めて感想を書こうと思っています。

 ついでなので携帯話。今日仕事帰りになんとなくボーダフォンショップに寄ってみたけれど、705Tはまだモック入荷も発売も未定とのこと。どこかのブログで見かけましたが、705Tは、miniSDの付属を無くした・マクロレンズを外付けタイプにした、などの部分で価格を削っていて。中身は803Tと本当にほぼ同じものだけれど、徹底的にコストダウンを図ったモデルということだそうです。
 いろんなサイトで価格表を見ていると、発売から時間が経った803Tと新規の705Tと、値段がほとんど同じ。なるほどなーという感じです。しかし、値段はあまり変わらず機能がほとんど同じなら、迷わず803Tを選ぶと思うんだけどな。よっぽど色が気に入ったとかでもなきゃ、デメリットしかないような気がする。しかも比較対象の803Tはメール関連その他がなかなか使いにくいという評判だし。
 というわけで、705Tへの機種変更はやめようと思いました。うーむ…ソフトバンクに期待するのも賭けだよな。604Tかー。どうしよう。


2006年06月06日

●蜂

 今朝の話。出掛けに煙草に火を点けたら、虫の羽音がするんですよ。ミスターコックローチ系の邪悪な音ではなくて、もっとこう、凶悪っぽい気配。
 見回してみるといました、窓のさんの辺りに脚の長い蜂。なんつーんですか? そのものズバリのアシナガバチでいいんですか? うひーさっき顔洗ってたときとか近かったはずじゃん、刺されなくてよかった。
 ためしてガッテンやご近所の底力で得た知識を遺憾なく発揮して、頭を低く移動。ほうほうの体で逃げ出しました、NHK万歳。おかげで普段より微妙に早く出社だ。
 職場で話したら、いいこと(?)を教えてもらいましたよ。昆虫ってあんまり目が良くないから、そこに何かがいることを、熱とか匂いとかで察知するんだそうです。だから煙草喫い始めたら活発になったのかよ、な、なるほどー。今日の教訓:蜂に襲われたら煙草は消すこと。
 で、今。就業時間を終えて帰宅の徒に着いているわけですが。どうせよというのだ。このまま帰ったらあいつ明らかにまだ部屋にいるよなー。フルフェイス外せないじゃん。


テクノラティ:

2006年06月06日

●ゲーム専用検索エンジン

 ゲームを詳細な目的別に探してくれるような検索エンジンがあるといいな、と思った。心理テスト形式みたいにして、いくつかの質問に答えるとぴったりのゲームを教えてくれるようなサービスがあるといいなあ。
 例えば今わたしは、「ストーリーとかあんまり関係なしに戦闘も短くサクッと楽しめる」というようなゲームを遊びたいと思っている。そんでさらに我儘を言えばですね、夜はたいてい疲れてるから頭使うパズルみたいなのはイヤ、反応が鈍いからシューティングとかアクションとか格闘モノもダメ。毎日短い時間ずつしかプレイできないけど、とにかくなんかRPGやりたい。爽快感とかグラフィックの美しさとかはあんまり重視しない。
 まあなんか人力検索系のところ探せ、或いは2chで訊け、っていう話なんですがね。数日前に買った「ルーマニア#203」をちょっとやって寝ようと思う。


2006年06月05日

●今週の「スミレ♥16歳!!」

 今週っつか、先週分ですが。なんだかすっかり筆不精になってしまった。
 新学年の生活にも慣れてきて部活巡りの3人。少々季節外れな感じだが、連載開始が4月に間に合わなかったのだし、そのへんは許容範囲内か。キャンディくわえたあけびちゃんがきゃあきゃあ楽しそうに女子高生を満喫しているのがすごくいいなあ。スミレと同じで彼女も外れた者だから、ああいう姿が描かれているのは、なんかすごくいい。
 あけびちゃんはなかなか良いですね。ヤクザの娘であるがゆえに、血の気の多い正義感がうまく効いている。ランちゃんの場合だと、単に活発な女の子だっていうだけで、「どうしてそこまで他人のために必死になれるの?」と疑問に思う部分もあったからなあ。ていうかそれは、ランちゃんの性格が描き切れていなかったのが悪いんで、ランちゃん自身が悪いわけではないのか。ともかく、あっという間にスミレに馴染んだあけびちゃんと、未だに引き気味のレンゲちゃんの普通っぽさと、対比が綺麗にできていると思う。
 腹話術同好会のところで少しあれっと思ったのは、スミレ(オッサン)に対して「あんたは腹話術してるようなもんじゃん」という台詞。深読みすれば、これって、オッサンが女子高生の声音じゃなくてオッサンそのものの声で話してるってことになるんだろうか。
 ゴルフ部のくだりでは笑いました。中年男性が得意そうな分野って、他にはなんだろう、将棋とか囲碁とかなのかな、偏見。2ch見てたら「ゴルフがどのようにバカうまだったのか、もっと面白おかしく詳しい説明が欲しかった」って意見も見かけたけど。いやーあれはあの一コマだからいいんだと思う。今週は詳しい説明を必要としない言い切る面白さが復活してきたような感じでした。
 新体操憧れるー!のコマで、えーまさか二番煎じ?と思いましたが、意外な展開でボクシング部へ。数あるスポーツの中でまさか! オッサン最も苦手そうじゃん! どうすんだ! と期待に胸を膨らませつつ、次号へ続く。ここまで続けてスミレを読んできて、続きが続きとして効果的で楽しみ、という印象を持ったのは初めてかも。


2006年06月02日

●テンプレ変更経過報告

 ここ数日ブログをお休みしていたのは、何も鬱気だったからだけではないのですよ。テンプレ変更に悪戦苦闘していたからなのですよ。小粋空間のFC2ブログテンプレートを流用させていただいて、自分なりに作り変えようとしていたのですが。数日かかっても思うように作業が進まず、断念した。
 HTMLのことを理解しようと思うとCSSのことも勉強しなくてはならない。少し機能を付けてやろうとすると、javascriptのことなんかも知っておいたほうがいいかもしれない。ていうかそもそもブログの仕組みを理解するには、データベースってなんだろう?というところから調べ始めなければ気が済まなかったりして、ああもう。
 別に完璧主義だからというわけではなく、応用が効かないというかなんというか。さらに根気がないから、何か分からないところがあるとすぐに諦めてしまう。自分の欠点はよく把握していたつもりだったけど、これじゃなーんにも進まない。理解の構造から自己改革(?)していかねばならんのだろうなあ…。
 それにしてもF1モナコGPレポもさぼってしまったな。blogWatcherの仕様を読んでいて、「ブログって速報だけじゃないと思うけどなー」とか思ってたが、それはそれとして。やっぱり書くことは書くときに書かないとダメだ。書けない。だから、アレだ、ヴィルヌーヴご成婚おめでとうございます。

 今朝は妙に早起きしたので目覚ましを切ってあった。というのを寝る直前に思い出して、これで明日もセーフ。


テクノラティ:

2006年06月02日

●705T発売間近

 705T、「6月上旬」とのことでしたが、関東では早くも3日から発売になるようですね。本家vodafoneの発表はpdfで閲覧しにくいので、ケータイWatchのほうにリンクを。
 ソースは2chですが、ピンクは関東のみの発売?という不確定情報も。公式発表を見た限りでは、ストラップ付き限定モデルのピンクが関東限定なんだと思うんだけどなあ。
 改めて正式発表されたスペックを見ると、「今すぐ読めーる」もくーまんもナシ。まあ、分かってはいたことですが、もしかして803Tよりだいぶ改善されてるという噂を真に受けて無駄に期待しちゃってたからなあ…。
メインディスプレー側に自分撮り用のサブカメラを搭載していないため、TVコールをご利用の際には自分の顔を相手に送信できません。
 ↑それはもしかして冗談で言ってるのか?
 なんにせよまだまだ未完成な3Gよりやっぱり無難に604Tで決まりなのかなあ。とは言え604Tも、発売からしばらく経ちましたが、実際の使用レポなどはまだあまり見かけられません。安くなるまで気長に待つか。


テクノラティ:

2006年06月01日

●blogWatcher 3.0b発動

 リニューアルのためにしばらくサービスを休止していたblogWatcherが、3.0bと装いも新たにバージョンアップ。
 blogWatcherを知ったのが休止直前のことだったので、あまり実際の使用感などは分からないのですが。すげー。すげー面白いと思った。要は、テクノラティやBlogPeopleなんかと同じ、ブログ検索エンジンなのですが、単なる検索サービスではない。言葉のつながりを意識した速報性を重視した、少し不思議なシステム。
blogWatcher はブログの収集と、更新の監視、また収集したデータを用いたテキストマイニングを行うツールです。
(中略)
ブログには速報性のある新鮮な情報が含まれやすいという性質があります。
(中略)
収集した情報を使用して、ブログ界における "話題の注目度" や、あるキーワードがどのようにで言及されているかという、 "評判情報の抽出" などをはじめとする、様々な角度からのマイニングを行っています。
 ある検索語について、ブログ界(?)でその単語がどんな評判を得ているかを示す「評判情報検索」、略語や似た言葉を異音同義語として教えてくれる「もしかして?検索」、など、役に立ちそうな検索方法がいくつかあるのだが。特にスゲーと思ったのは、以前から提供されている「メタブログ」という検索サービス。
メタブログは、blogWatcherが収集した大量のブログを元に、いま、何が話題になっているのかをブログ形式で1日ごとに表示します。 それぞれの「話題」はバースト度を元に計算されており、さらにその話題がどのようなカテゴリ(「スポーツ」「芸能」など)の話題であるのかを自動的に分類しています。
 具体例を挙げると、つい先日の5月24日。この日たくさんのブログで最も多く言及されていた単語は、ズバリ「給料日前」。24日。そりゃそうだ! だけどこれ面白いぜ! で、週末の27・28日は「フサイチジャンク」「マルカシェンク」と、これ、どちらも馬の名前なんですね。お給料もらってみんな競馬突っ込んだのかねー、とか、検索結果から想像が膨らみます。
 その日その日の話題って、言われてみればそんな単純なことにどうして気付かなかったんだろうと思いますが。ブログというのが、「日記を簡単につけられるウェブサービス」と、ほぼ同義である現状をうまく捉えているなあと呆然としました。


メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。