--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月14日

●XTMemo 導入を考えている人への紹介文

 先日書いた XTMemo の記事。意外にもそのページへの来訪者が多いので、自分がこのソフトを導入したときのことを思い出しつつ、改めて紹介文を書いてみる。というのも、ですね。
 XTMemo はしつこく言いますがとっても便利なソフトで、すでにあちこちでたくさん紹介されています。例えば Vector
「XTMemo」は階層構造を用いず、シンプルなタブ形式の画面でメモを管理できるソフト。テキストファイル内にメモを作成し、リスト表示や検索を利用して目的のメモを探せる。メモには「タイトル(件名)」「内容」を設定できるほか、タイトルに(一つまたは複数の)カテゴリを設定することも可能。タイトルやカテゴリなどをキーワードにして、必要なときにすばやく検索できる。
 だけど、この説明文だけではどうやって使うのかよく分からなくて、「なんだか面白そうなソフトだけど、敷居が高いなあ」と感じていました。同じような人もいるのかしら、起動して実際の使い方はどんな感じなのかを書いた紹介文があれば、XTMemo に興味を持っている人のガイドになるかな、と思ったのです。
 本当は、ソフトは使ってなんぼだと思う。文章や画像で説明できることはごくわずかで、実際に使ってみるのが一番。当然。また、公式サイトの掲示板などでも、高度な使い方をされている方がたくさんで、こんな超初心者向けガイドを書くのは少々気が引けるけれど、まぁまぁ。それではいってみましょう。

 まず、公式サイトから本体ファイルを落としてきてください。解凍しても、いきなり本体を立ち上げる前に、Setup.exe でデータの保存先を指定しておくほうがいいかもしれません。自分の扱っているデータがどこにあるのか、把握しておけるほうがのちのち便利だと思いますが、気にしない方はそのままゴー。
 心の準備ができたら XTMemo.exe を起動!
 初期起動時はこのような画面です。まだなんにもない。まっしろ。この写真では、以後の説明のため各部に番号を振りました。1.メニュー、2.左ペイン=ファイル部分、3.上ペイン上部の入力スペース=検索スペース、4.上ペイン=メモ部分、4.下ペイン=エディタ部分、と呼ぶことにします。画像は別窓で拡大します。

 では実際にメモを取ってみましょう。ここでは、TODO 覚え書き用として XTMemo を使ってみることにします。
 メニューから、「ファイル→新規ファイル」を選択して、「ToDo.txt」と名前を付けると、ファイル部分に新しいアイコンが増えました。  XTMemo は、細かく分類して一目でなんでも把握できるようにするソフトではありません。のちのちの検索をしやすくしてあるので、とりあえずなんでもかんでも思いついたことをつっこんでおくソフトです。Gmail などと考え方が似ていますね。なので、ファイル自体の数は少なくすることが推奨されています。
 それはさておき、ファイルを一つ作ったので、メモを取る準備ができました。
 メニューから、「編集→新規メモ」を選択すると、メモ部分に新しい項目ができます。メモ部分は項目が表示されるだけで、実際に中身を編集するのはエディタ部分です。適当に中身を入力してみます。  一つのメモは、タイトルと本文と、そのメモを取った日付、3 つの組み合わせからできています。このうち、自分で編集するのはタイトルと本文。日付は、新規メモを作成した時点で、XTMemo が勝手に付けてくれています。
 項目がいくつかできると、一行ごとにメモが表示されて、見やすく色分けされているのが分かりますね。色とかフォントとか、いろいろと細かい部分は変更可能です。慣れたらオプションをいじって自分なりに使いやすい XTMemo に変えていくのも楽しいです。
 こんな感じで、「ToDo.txt」の中に、TODO 関連のメモをどんどん書き込んでいきます。  さて、ここで注目。各メモには、単純なメモの題名だけではなく、分類するためのタグをつけることができるのです。このタグをXTMemoでは「カテゴリ」と読んでいます。
 上の画像にもう一度戻ってください。メモ部分に緑色で表示されている「そのうち」「急用」「緊急」がカテゴリで、黒太字で表示されている「引っ越し」「メイル書く」「ゴミ処理」などがメモの題名。カテゴリ+題名でタイトル、というわけです。
 どうしてカテゴリを付ける必要があるの?という話は後回しにして、先にカテゴリの作り方を説明します。ソフト同梱のヘルプを見てみましょう。
XTMemo はタイトルの最後の : (コロン)までを自動的にカテゴリとみなします。コロンはオプションで任意の文字に変更することができます。 カテゴリは :, (コロン、カンマ、半角スペース)で区切って複数指定できます。
 カテゴリを複数設定したい場合、どこまでがカテゴリでどこからが件名なのか、見やすく書いておけるほうがいいですよね。初期設定では、カテゴリとカテゴリとの区切りを示すのは半角カンマや半角スペース、カテゴリ全体と件名とを区切るのは半角コロン、となっています。
 つまり、上記画像の「そのうち」「引っ越し」は、実際には「そのうち:引っ越し」と書かれています。「そのうち,やること:引っ越し」と書けば、「そのうち」「やること」がカテゴリ、「引っ越し」が件名、として表示されるというわけ。
 ここで注意すべきは、コロンもカンマもスペースも、初期設定では半角でなければならない、ということ。プログラムなどの書式に慣れた方なら当たり前なのかもしれませんが、全角ベースで文章を書くわたしは、しばらくの間「カテゴリがうまく作れないよ!」とずっと悩んでいました。

 さあ、あるていどメモが散らばってきました。次は以前に書いたメモを検索してみましょう。
 ここで初めて使うのが、「検索スペース」です。検索スペースに「急」とだけ入れて検索してみると、カテゴリに「急」が含まれるもの、タイトルに「急」が含まれるもの、本文に「急」が含まれるもの、無節操に検索され、新しいタブとして表示されます。タブは閉じるまでそのまま残ります。よく閲覧する検索項目は閉じないでおくと便利。

 では、カテゴリに「急」の文字を含むもの、と限定して検索したいときはどうすればいいのでしょうか。
 検索スペースの近くにカーソルを持っていくと、ツールチップが表示されます。XTMemo には、いくつか検索オプションがあるのです。  検索キーワードの一つに「/c」と書いてやると、カテゴリ名だけを検索できます。「/t」でタイトル限定。「タイトル」とは、上で書いたように、カテゴリも含んだタイトル全体のことなので注意してください。また、「/c 急」の「/」「c」「 (半角スペース)」も、カテゴリ区切り文字と同じように、全部半角で書かなければ検索できません。
 全体を検索・カテゴリを検索・タイトルを検索、それぞれ、検索結果が微妙に違うのがお分かりでしょうか。
 ちなみに、カテゴリの付け方で悩んだこともありましたが、検索段階での工夫で解消できる場合もあります。「急」で検索すれば「急用」「緊急」なども同じ検索結果に出てくるわけなので、そんなに厳密でなくてもいいのかもしれません。  ひとくちに「TODO」と言っても、その中身はいろいろでしょう。緊急度で分けるなら、すぐにでも処理すべき緊急度の高いもの、今週中に済ませればいい普通のもの、まぁそのうちなんとかするための長期的なもの、など。また、私事に関する TODO、仕事上の TODO、のような分け方も考えられます。さらにはプライベートの中ででも、自分のこと、家庭のこと、友達のこと、とか。
 従来のフォルダのような階層管理では、「その項目が属するもの」を一つに限定することしかできませんでした。この方法だと、一目でどこに何があるのか把握しておけます。ただし、自分の中で「どこに何を保存しておくか」というルールがきちんと出来上がっていない場合、あとから検索するにも一苦労。一方、XTMemo のカテゴリを使うと、目的の項目を複数のキーワードから見つけることができます。「今週中に」「家の」「掃除」とか。「来週中に」「職場の」「掃除」とか。「来週中に」「友達と」「焼き肉」とか。
 覚え書きを躊躇することなくどんどん書き留めていく用途のメモソフトに、どちらの管理方法が適しているかといえば、間違いなく後者ではないでしょうか。一つの物事をいろんな側面から検索できますし、あとからカテゴリの追加や編集をすることも簡単にできる。なので、メモを書く段階でのちのちのことを気にして迷うことが少なく、思いついたことをなんでも書いておけるのです。

 分類段階をまとめると、「各テキストファイル(=大カテゴリ)」>「各メモのカテゴリ(=中カテゴリ)」>「各メモのタイトル(=小カテゴリ)」、という感じになります。わたしが XTMemo を使い始めるにあたって、一番分かりにくかったのがここなのですが、ファイル・メモ・カテゴリの使い分けについて、ここまでの説明でだいたい理解していただけたでしょうか。
 わたしは「メモ.txt」「退避.txt」「完了.txt」と、3 つファイルを作ってあります。とりあえず思いついたことは、TODO だろうと日記だろうと全て「メモ.txt」に書き留めておき、たまにチェックをして、「TODO の中でも、一応作業を完了したもの」「あとで読むためにメモっておいて、読み終わった URL」「自分の中で消化されて整理がついた事柄」などを「完了.txt」に移動させます。「いったん作業に取りかかったけど、自分の手には負えなさそうな仕事」「ちょっと保留中の案件」などは「退避.txt」へ、と整理をしているというわけ。
 この分類はあくまでもわたしにとって便利な方法なので、全ての人にお勧めはしません。ファイルは完全に一つだけという猛者もいるでしょうし。自分にとって使いやすい分類方法を考えてみるのも楽しかったです。

 最後になりますが、アイディアをメモしておくためのソフトというだけではなく、思考のヒントとして使うのもおもしろいと思います。思いがけないキーワードで思いがけないメモが表示されて、ふと思いついたアイディアをまた書き留めておいて、という蓄積ループ。作者の towofu さんご本人も、そのあたりは当然想定されているのですね。こちらの「-G# スイッチ」の項を参照。
 いかがでしたでしょうか。これから XTMemo を使ってみようとお考えの方に少しでも役に立てればよいのですが。ここが分かりにくい、ここは間違ってる、などのご指摘があればどんどんつっこんでいただければ幸いです。


テクノラティ:
スポンサーサイト

2006年04月29日

●ブラウザ乗り換え

 数日前から、unDonutをやめてFirefoxに乗り換えてみた。特にunDonutに不満があったわけではないが、同じタブブラウザなら評判の火狐とやらも試してみるか、と思ったのだ。さしたる理由もないけどなんとなく気分転換。
 わたしがブラウザに求めるのは軽さだけのつもりだったが、実際にFirefoxを使ってみると意外にunDonutの機能に頼り切っていたことに気付く。
 例えば、shift+クリックで新しいタブを開いたとき。いま読んでいるこのページも気になるから読み続けたいけれど、ここで参照されているこのページもあとで読んでおきたい。というわけで新しいタブ新しいタブをガンガン開いていく。そこまではタブブラウザユーザーなら普通の操作だと思う。
 だが、問題はここからだ。unDonutなら新しいタブは裏で開くのだが、Firefoxだと新しいタブにその都度フォーカスが動いてしまうのだ。どうもわたしの設定ミスなんだろうけど、それだったら、新しいページを閲覧したあと元のページに戻る動作でも変わらないよねえ。このへんの設定をいろいろいじってみたんだけれど、結果は芳しくなく。なぜだろう。

 それにしても新しいソフトを使っていて何が楽しいって、自分の使いやすいようにいろいろと設定をするのが楽しい。特にFirefoxは「拡張」と呼ばれるプラグインを入れることで自分好みのブラウザに作り上げることができる。まとめサイトにある通り、
Firefoxはデフォルトで備えている機能は割と控えめですが、後付でいろいろな拡張をインストールすることで機能を補強できます。
というわけだ。その分重くなるのは致し方ない。それも含めて自分の環境次第、というわけで、そこを考えるのがなかなか楽しい。初めは定番拡張の中からさらに厳選していくつか入れていただけだったのに、だんだんあれもこれもと肥大化していく。もうしばらくしたらまたダイエットしなければ。
 以下、いじっていて思ったことをだらだら書いてみる。
  • プロファイルをマイドキュメント付近に作ってしまうのがいや(もうシステムドライブの残り容量が200 MBぐらいしかないのです…)。多分設定から回避方法はあるはず、調べてないだけかも。←まとめサイト
  • 重い。めちゃ重い。しかしこれはまあもう6年前のメモリ128 MBのうちのマシンでは仕方が無いところ。いったん終了・再起動すればほぼ問題はない。そして、終了時に開いていたタブを、履歴も含めてそのままセッション保存しておくことも可能なので、欠点というほどの欠点ではないかも。
  • というわけで、いったん閉じたタブを復活させると、そのタブの履歴まできちんと残っているのがすごい。間違えて閉じてしまったときや、似た内容のページをいくつも見ていたときに、あとから参照したい情報に遡るのが簡単。常に裏でセッション保存を行っているんだから、重いだけのことはある。
  • 上に書いた通り、新しいタブを開く挙動が変? もしくは、コンテキストメニューから「空白タブを開く」とか「今のタブを複製する」とか、選べるだけでもずいぶん便利なのになあ。んで、その場合はタブクリックでなくてページ内右クリックがいい。←「タブをロック」で、リンクは全て新しいタブに開くので、それを併用すればよいか。
    あと、sageで右クリックから新しいタブに開くことができないのが不便。こっちは根本的な解決方法アリ。
  • そのページのタイトル・URLを右クリックからコピーできない。さらに詳細なページの情報を簡単に見られることはいいんだけれど、ちょっとコピペしたいだけなのにいちいち別ウインドウを開かなくてはならないのは不便。←というかこれもそのための拡張があります。
  • 「これより右/左のタブを全て閉じる」がないのが不便っちゃ不便。←2006/05/02追記、Tab Mixの設定から変えられた。調査不足なだけでした。
 書いていて思ったけれど、調査不足とかめんどくさがりとかが問題なだけで、現状のFirefoxでは絶対に解決できない問題、というのは無いですね。あとはHDD綺麗にしてメモリも増やしてあげたりして、ハード側の環境を少しでも整えれば、さらに使いやすくなることだろう。

2006年04月12日

●最近買ったものリスト

 2月ぐらいに買ったけれども未読・未聴だったものをも含む。つまりは「気が向いたらそのうちレポするかもしれないものリスト」とも。しかしマンガばっかりだなあ。
  • 石川雅之関連。「人斬り龍馬」、「カタリベ」、「週刊石川雅之」。
  • 岩代俊明「みえるひと」3巻。
  • 永吉たける「スミレ♥17歳!!」1巻。
  • 梨木香歩「春になったら苺を摘みに」。
  • その他、エヴァ10巻、トッキュー10巻、クロ高16巻、20世紀少年21巻、ハクバノ王子サマ3巻、蟲師7巻、とか。
  • 坂本真綾のアルバムでまだ買っていなかったもの。「グレープフルーツ」、「イージーリスニング」。
 本やCDの発売日をチェックするのには、ブックススケジューラーというフリーソフトを使っています。「出版社のホームページなどを巡回し、新刊情報をダウンロードし、データベースにします。」という説明文の通りの明快なソフトです。
 半月にいっぺんぐらいチェックして、欲しいものがあれば携帯にメイルする、という使い方をしています。右クリックから直接送信できるので便利。あんまし使わないけどvCardも送ったりできちゃって超便利。携帯側でスケジュール登録をしておけば、あとは仕事帰りに本屋に寄るだけです。せっかくvodafoneユーザーならば、短文メイル無料をこういうところで活かさずにどうする。
 そういえばこのソフトもお世話になってもう4~5年だ。初めてDLしたときはまだ白泉社プラグインを使っていたのを覚えている。望月花梨の新刊が最後に出たのも、もう3年前なんだな…。

2006年04月01日

●カテゴリ分けの限界:XTMemo

 こうやって文章をたらたらと書いていて、カテゴリに分類をするときにふと迷う。ブログのカスタマイズについて書いている文章なら、単に「日記」とするのには違和感がある。かといって「ネット関係」とするには大袈裟な話だし、「HTML とか CSS とか」なんて書いても、とりあえず現状では細分化させ過ぎだし。複数のカテゴリにまたがるような話題だってあるんだろうしね。けれどむしろ、その日その日に思いついたことを書き投げているだけなので、どんな文章も「日記」なのかなあ、とか。
 まあ要は分類自体はそのときの自分の気分次第であって、問題は、自分も他人もあとから見つけやすいかどうか、というところにあるんだけれども。

 というところで、マイ愛用ソフトウェアの紹介なのです。XTMemo というソフトが超便利。
 想定する使い方は、メモ帳/メモ管理/アイディア保管/覚え書き/期限の無い TODO などです、という説明書きの通り、常駐させてなんでもすぐに書き留めておくのに使っています。各メモにタイトルを付けて管理するのは、巷によくある普通のメモソフトと違いはありません。が、「限定された一つのカテゴリ+タイトル」ではなく、「自由な複数のカテゴリ+タイトル」、という付け方ができるのがこのソフトの最大の特徴です。
 書きたいことがあれば新規メモを作成、タイトルと本文を書き込む。日付はメモ作成時点で XTMemo が勝手に付けてくれます。こんだけ。書いた内容は自動保存されて、のちのち上部の入力部分から検索ができます。左ペインの各テキストファイルが、XTMemo で扱うメモ群の最大分類になります。さらに、画像で見ると、「自由な複数のカテゴリ」=中分類が下線付き緑色文字、「タイトル」=小分類が太い黒文字、本文が薄いグレーの文字で表示されています。カテゴリ検索・タイトル検索・本文を含めた全文から検索、と 3 種類の検索方法があり、且つカテゴリを複数設定できるのが便利なわけですよ。
 日記、家計簿代わりにレシートの控え、燃費なんかのバイクの記録、観た映画聴いた音楽読んだ本の記録、ネット上で拾ったレシピ、とにかく思いついた瞬間に書き連ねてどんどん詰め込んでおいて、あとでそういえばと記憶に引っかかれば検索して、時間があるときに再構築。やはり、カテゴリの付け方に統一性を持たせなければ検索はしにくくなるのですが、断片的な言葉でもこれはと思えば発掘して組み合わせて膨らませて活用。仕事の要点や TODO を書き溜めておいて、週末時間が空いたときに整理、来週の TODO を作る、とかね。

 基本的な使い方はそんな感じ。Vector ほかたくさんのサイトでも詳しい説明がされているので、興味を持たれた方はどうぞ。
 しかしよく考えれば、こうした優れたタグ分類方法を採用しているソフトは、他にも以前から使っていたのでした。現在は開発が止まってしまっているようですが、こちら木洩れ陽の、「Karta」と「Bluebrain」。Bluebrain は日記をつけるのにずっと使わせていただいていたのですが、わたしが PC で文章を書かなくなってしまった空白期間と、Bluebrain の開発停止時期が重なってしまったからなあ。こうした、キーワードによる分類方法については、木洩れ陽の分類タグとはの頁に詳しいです。

 自己分析するに、わたしはデジタルな思考ができないから分類ができないんだと考えていたのですね。理系か文系かという単純な分類で言えばわたしは限りなく後者です。二者択一を繰り返すことで結果に到達する過程、その過程が長くて、すぐ目の前に結果が見えなければ諦めてしまう、というか。諦めるというか、見えにくい部分に目を向けることが苦手なんだろうなあ。そういうやり方もあるんだと気付くことが苦手。別に二度と取り返しがつかないことがらでもないのに、直感でそっちに進む潔さが自分にはない。効率のいい進め方を考えるばかりで肝心の仕事が進まないこととか、もっと言えば、ブログを作ってみようと思いつつ時間が過ぎたことなんかも、優柔不断の表れなんだろーなーと思います。
 思いついたことをガンガンやってってみる行動力が欲しいわたしには、XTMemoはちょうどいい訓練ツール(?)なのかもしれないです。


2006/05/14 追記
 公式サイトの注意文に、

画像は必ず持ち帰って使ってください。
とあるにも関わらず、ずっとスクリーンショットを直リンしてしまっていました…。ごめんなさい。
 また、改めて、XTMemo 導入を考えている人への紹介文という記事を書きましたので、よりやさしめの説明を読んでみたいという方はそちらのほうをどうぞ。

スレッドテーマ:フリーソフト:コンピュータ

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。