--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月20日

●本日の NHK

SAMURAI 7
 「イツモフタリデ」てのはステキワード。
 それはそうと、そういう細かいディテールばかりに気を遣って、肝心の殺陣やらが手抜きなのはどういうことか。勢いを見せるために、動きのあるシーンをあえてコマ落としにしたりとかスローモーションにしたりとか。そういう演出自体はアリだと思うけど、それがあんまり効果的じゃない、手抜きをしているようにしか見えない。せっかく綺麗で緻密な絵なのに、なんだかのっぺりしている。
 いや、殺陣や戦闘を「肝心のシーン」と捉える、そういう見方はこの作品の主眼ではない、ということか。人間ドラマのほうを見せたい、とか。

謎のホームページ・サラリーマン NEO
 なんだかだんだんこの番組も見るのが辛くなってきたなあ。初めの頃のやりたい放題が薄れてきた、ウケなくてもいいんだ好きなことをやるんだ、という勢いがなくなってきた気がする。自分たちは面白いんだ→だから笑ってもらうんだ→笑わせなければならないんだ、という妙な強迫観念三段論法?
 ところで、「この番組では、俳優さんたちが、(ドラマではなく)珍しくコントに取り組んでいるのが見られます」という紹介文をいくつか見かけたけど、それって間違いだと思う。宝田明のマジネタを TV で見られるのはレアとしても、小中劇場演劇っていうのはそもそもああいうものじゃあないのですか。
 舞台俳優を TV で見られるのはとても面白い。中山祐一朗さんとか、恥ずかしながらこの番組で初めて知ったのです。
 しかしですね、公式サイトがだんだんと本気っぽくなっていくのがなんだか恐い。本物のサラリーマンに、しかも中年層に笑ってもらおう、という番組なのか? 違うよな? あーでもサラリーマン語講座が掲載されてるのは嬉しいかも!

ゆるナビ
 フリップフラップを見るためだけ。スローライフ素敵よ、ゆとりとか癒しとかお洒落よ、とか、まぁ、あんまり好きでないので、いえ正直に言うならば大嫌いですので、フリップフラップを見るためだけ。
 今日とかやばかった。ユウコとアイコが「がっちんこ!」って言うんですよ。脚をなんかこう開いたり閉じたりしながら「がっちんこ!」ですよ。やばかった。っていうか普通に可愛いよ。


スポンサーサイト

2006年05月19日

●関西クローズアップ

 帰宅するとまず PC の電源を入れて、起動を待つ間に手洗いうがいをして、煙草に火を点けながら PC の前に坐る。ゴールデンタイムなら、なんとなくニュースを見ようと TV もつける。NHK。ニュースが終わってもチャンネルはそのままにしておくことが多い。NHK。NHK ダイスキ。
 で、毎週金曜の 19 時半は、関西クローズアップという番組が放映されているのですが。今日の特集「初恋の人を捜したい」は、なんかちょっとすごかった。

初恋の人を探してくれる会社が大阪・心斎橋にあります。開業して18年、依頼者は1万人を超えました。依頼者の多くは、相手の消息を知ったり、相手に会って当時の思いを伝えたりすることで、新たな人生を歩むきっかけにしたいといいます。中でも、最近、戦時中思いを寄せていた相手に再会したいという高齢者からの依頼が増えています。初恋を通じて、人生と向き合おうとする人たちと、そうした願いを叶えようと奔走する凄腕調査員の奮闘を描きます。
 つまり、「初恋」に特化した興信所なんですね。調べてみたら公式サイトも見つけました。ただの人探しではなく、人を幸せにする人探しを請け負う。さらに、探偵とか興信所とかいう言葉の持つ悪いイメージを覆したい、という会社だそうです。発想の転換だよな、こんな会社を起業するっていい目の付け所だなあ。素直に感心。
 しかし、個人情報保護が声高に叫ばれる今日この頃、こんな番組を好意的に制作しちゃう NHK はやっぱり素敵だよ。

よく『男の方がロマンチストだ』と言われていますが、それはまさにその通りだと思います。彼らの『探す』動機のほとんどは、『もう一度会いたい』ということではありません。『元気かどうか』『幸せかどうか』、それが気になるということなのです。
 公式サイトからの引用だが、誰が「よく」そんなことを言ってんだ、とかいうツッコミ所はともかくとして。
 確かにね。いまさら連絡を取ってどうすんだ。相手に働きかけることではなく、自分に働きかけたいだけ。興信所の力を借りて、それまで抱えていたことを解決したいという、ただそれだけのことなんだろう。或る意味、ぜひ会いたいとかよりこっちのほうがよっぽど相手のことなんて考えちゃいないと思う。
 調査する側の、それをきっかけに幸せになろうという気持ちは分かる。だけど、受けた側にしか「受けた」ことが分からないのがプライバシーの侵害、と思う。いじめなんかと同様の論調で。いつでも、声を挙げなければならないのは被害者だ。声を挙げる対象は、友人でもいいし家族でもいいし、身近な誰かではなくても例えば法律相談所とか。誰にでもいいから声を挙げる。そうしなければ、自分がそのことで迷惑を受けたんだよ、ということは伝わらないだろう。ひとくちに迷惑っていうんでなくても、なんらかの影響を受けたことは、言わなきゃ伝わらない。
 調査されることだけで例えば不幸せになる可能性を悲観はしないのだろうか。公式サイトより引用。

多くは「プライバシーの問題がありますので、如何なる理由であっても個人のことについてはお話しできません」という冷たい回答が返ってくるだけだったのです。
 まあ、そりゃそうだろう。「そういう理由でなら協力したい」とか思うのは結局主観の範囲内だ。自分に関わる事柄を自分で判断するときにしか、好意を持てるかどうかのラインを引くことはできないんだろう。まぁ基本的には、人に好かれて嫌な思いをするよりも、嬉しい気持ちになるほうが多いだろうと思うけどさ。
 自分が良かれと思っても相手が不快になることは充分予想できて、人を幸せにすることより人を不幸せにすることのほうが共感できるから、おいそれと協力はできない。どんな場面でも、プラスよりマイナスのほうを考慮して生きていきたいと、個人的には思っているんだけれど。
 何が不愉快かって、要するに、人をマイナスに持ち込む可能性に目をつぶった商売がイヤだなぁと思うんです。


2006年04月30日

● 聖飢魔II 地球デビュー 20 周年記念・恐怖の復活祭

 何気なく Yahoo の TV 欄を眺めていたら、「01:20 聖飢魔2 地球デビュー 20 周年記念・恐怖の復活祭」という! 昨年末に期間限定再集結されたツアー最終日、東京国際フォーラムでのライヴ。コレは見なければ!
 教典や絵巻はいくつか持っていたけれども、ミサに訪れたことはない。だけれども少し後悔した。だってものすごく楽しそうですよこの悪魔達この人達。特に参謀が大暴れ。解散後には青から赤に変わっていたデーモン閣下の目元の色が青に戻っていた事は信者を喜ばせた。(c) Wikipedia、というその青をしっかり見る。
 しかしどうして NHK は閣下が大好きなんだろうか。相撲はともかくトーク番組にしょっちゅう呼んだりさ、異常にフューチャーし過ぎだろうと思う。編集もバッチリですよ。長官のコーラスが入るところでは、ちゃんと長官の横顔を閣下のバックにクロスオーバーさせたりして。きっと主要スタッフにものすごい信者がいるんだろうな。
 当日のライヴ映像に加え、聖飢魔II のミニ歴史みたいなコーナーもあって、ちゃんと紅白の映像も流れたりして。やめろよーあんまり笑かしてくれるなよー。スペインでのミサの様子を挟んで、再集結ツアーへ至る。

 とここまで放送見ながらリアルタイムで書いていましたが、限界でした。映像に見入ってしまいました。放映セットタイトルだけメモっておいたので、記しておきます。多分抜けはないはず。

  1. 創世紀
  2. 地獄の皇太子
  3. Winner!
  4. Bad Again
  5. BRAND NEW SONG
  6. MC~蝋人形の館(ゾッド親分・ジェイル代官も参加)
  7. FIRE AFTER FIRE
  8. 365 歩のマーチ(ゲスト:水前寺清子)
  9. KILL THE KING GHIDRAH~DEAD SYMPHONY

テクノラティ:

2006年04月07日

●Happy!

☆ボバさんが部長だ! ボバさんが変なセーター着てゴルフしてるよ!

☆森下さんが三下だ!

☆なんか見てる途中で話がYAWARA!とごっちゃになっていろいろ勘違いしてた。

2006年04月04日

●サラリーマンNEO

☆ボバさんが部長だ!

☆「それ正しいよ」「今それが求められてる」「お前はお前のままでいいんだ」

☆松下電器の社員食堂のかけうどんは100円。


謎のホームページ サラリーマンNEO

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。