--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月12日

●F1イギリスGP

 ライコネン、久々のシャンパン一気呑み。モントーヤも6位入賞。マシンの不調が続いたマクラーレンも、じりじりと調子が上がってきているようで嬉しい。今のところアロンソの独走を許しているけれど、すぐに追いつくよ。ねえ。そして、ヴィルヌーヴおめでとう! ハイドフェルドと合わせてチーム的にも大喜びだったろうし、何よりジョアンナさんにも祝福を。
 あまり映像には映らなかったけれど、入賞ライン前後の戦いはなかなか激しかったのかな。モントーヤだって8位スタートの6位だったし、バトンのリタイアを筆頭になかなか混乱が続いていたような。ロズベルグが入賞を逃したのは残念だけど、若いんだからまだまだ先があるだろう。

 今シーズンの放映はオープニングの映像がかっこいい。あのギリシャ風の仰々しいオープニングのほうじゃなくて、アバンのほう。選曲センスは好き嫌いがあると思うけど、レース直前の選手の表情とか、普段の街並みの様子とか、曲に合わせた編集がかっこいい。今回のはサッカーのワールドカップと合わせて「ジャパンパワー!」とかっつっていまいちな出来だったけど。
 歴代の放送で使われてきた曲って、フジテレビのサイトで見ることができるんですね。音楽好きなスタッフが毎回いろいろ考えているんだろうな。

 唐突に、なんとかしてほしいことリスト

  • フェラーリクルーのヒゲに毎回目を奪われる。なぜいつも画面中央に映るのか。あの笑顔がたまんねえ。
  • ドライバープロフィールの横に小さく表示される顔写真、あれさ、クルサードだけどうして斜め下からなのか。ますますデカく見えるじゃないか。
  • フラビオさんの開襟、たまらなく…セクシー
  • あちこちで言われていますが、モントーヤとモンテイロとモンタニーが区別つかないんです。MONとかMOTとか。何か、略し方のルールってあるのかな? それとも早い者勝ちで適当に割り振られてるだけなのかな。
 ところで、井出の近況ですが、どうやらまだまだやる気燃え盛っているようで安心です。国際自動車連盟(FIA)からF1車の運転に必要なスーパーライセンスをはく奪された井出有治(スーパーアグリ・ホンダ)が11日、F1シリーズに再挑戦する意思を明らかにした、とのこと。


テクノラティ:
スポンサーサイト

2006年05月25日

●今週の水曜すぽると

 毎週水曜のすぽるとは F1 ミニ特集。実に 1 月振りのレポだ。深夜にあまり民放を見る習慣が無いので、ついつい忘れてしまう。どこか毎週感想を書いてくれているサイトはないかと検索したけど、結果ははかばかしくなかった。
 それはさておき、今日は、今週末のモナコ GP の紹介。モナコがいかに綺麗な街であるか、そこを走るということはどんなに名誉なことか、これまでどういうドライバーがこのコースを得意としてきたか。モナコに住んでいる F1 関係者もたくさんいます、琢磨もその一人です。と、やや強引に話を琢磨に繋げた感が。
 しかし最早「シューマッハ VS 琢磨!」という煽りは無意味でしょう。2004 年、予選で琢磨がなかなかにいい成績を上げたこと、決勝でも素晴らしいスタート、だが本当に残念なことに数周で即リタイア、という映像。今年はどうだ!って言葉が空しいなああ。琢磨はよくインタビューで「リザルト」という言葉を使うけれど、長期的に仕上げるべき事柄もあると思う。そんなに焦らないでほしい。

 この恒例の水曜コーナーの前に放映された、シューマッハのオンボード映像を使ったコース紹介は面白かった。上記の琢磨の紹介と同じ、2004 年の映像。画面左上に小さなコース地図が表示されて、シューマッハの走行に合わせて赤く点滅するのが分かりやすかった。今走っているのは何々で有名なここのコーナーです、とか、三宅アナウンサーが流れるように説明するのがかっこいい。
 これまでのモナコでのファステストラップは、この 2004 年のシューマッハの 1 周なんだそうだ。1 周 3 キロちょいをわずか 1 分 14 秒で走ってしまうってすごいなあ。番組では、「今回は誰かがこの記録を更新するのでしょうか!」と言っていた。
 抜き所の少ないコースなので、始まってしまえばレース自体は面白味がなかったりするのだが、市街地コースは見ていてわくわくするのでダイスキ。というわけで、今週末も楽しみです。
 参考リンク。Wikipedia:モンテカルロ市街地コースについて。Yahoo! Formula 1:モナコ GP

 話は変わりますが、先日ライセンスを剥奪された井出が、公式サイトでこんなメッセージを発表していた。なんというか、安心したというか、例え空元気であっても「諦めてはいない」と言う美しさ。いいな。


テクノラティ:

2006年05月15日

●スペイン GP

 やっちまったやっちまったよー。というか、実はしょっちゅうやってるんですが、地上波は録画なのですが、その放送前にネットで結果を見てしまったんですよね! まあ結果は結果として、実際のレースを見ておもしろければそれでよし。
 アロンソが PP から綺麗に勝利。周回遅れのミッドランド車に引っかかってちょっと危ない場面はあったけれど、最後のほうなんかもうアロンソの周回に合わせて客席はウェーブしてたりして。最終コーナーから大喜びで手を振るアロンソ。前回のヨーロッパ GP でもだったけど、ウイニングランではマーシャルも大喜び。  贔屓のドライバーでなくても、こういうのはなんだかとても嬉しいですね。気持ちいい。詳しい結果は Yahoo! Formula 1 にて。
 さてここのところ元気がないのが我らがモントーヤさんなんですけど、今日も 17 周という早い段階でスピンしてリタイア。予選での給油トラブルなんかもあったようだし、リタイア自体はある程度予想の範囲内だったんだろうか。それにしても失敗しても怒る素振りもないのは、なんだか心配になるぐらい。ルノーが全く不安要素を見せないのに対して、本当に、今期のマクラーレンはどうしちゃったんだろう?


テクノラティ:

2006年05月10日

●井出、ライセンス取り消し。

 速報! 速報!
 帰宅していきなり目に入ったのがこのニュースなわけですが。asahi.com:井出のF1ライセンス取り消し-スポーツ
 ほとんどの場面で最後尾を走る井出について他チームのドライバーから「追い越されるばかり。大事故につながりかねない」とFIAにアピールがあった。第4戦のサンマリノGPの接触事故が印象をさらに悪化させた。運転技術を危険視する声が高まり、安全面という「大義」が情状酌量の余地を狭めていった。

2006/05/11 追記
 改めて考えてみた。悪かったのは井出なのか、チームなのか。バックミラーもきちんと見られないようなマシンで走ることの危険性。最後尾をフラフラとしか走ることができないのは、井出の運転スキルのせいだけではなく、むしろマシンの状態が大きな原因だったのでは、と思う。スーパーアグリの準備期間が全くもって不充分だったことは誰の目にも明らかだ。覚悟の上で他チームから参戦を認められ、認められた上で参戦を覚悟したんじゃないのだろうか。
 とはいえ、安全面を「大義」とは思わない。F1 は命に関わるゲームだから。
 わたしに F1 を教えてくれた知人曰く、「テストドライバーとかで F1 を経験せずにデビューするドライバーはこれまでもたくさんいたし、そういうドライバーが事故を起こしても、こんな見せしめみたいな措置をされるのは初めて聞くけど。ちょっと厳しすぎると思うけどなあ。」との意見。デビュー間もなくライセンス剥奪された前例は他にもあるのか調べてみたが、うまく見つからず。


テクノラティ:

2006年05月08日

●ヨーロッパ GP

 黄金週間も終わりの今週末は、ドイツのニュルンベルクにて、ヨーロッパグランプリが開催されました。遠景に石造りのお城が見えたりして、ここのサーキットはかっこいいなあ。
 PP のアロンソをうまく押さえて、シューマッハが 2 ストップの作戦勝ち。3 位に初表彰台のマッサ。7 位に、最下位スタートのロズベルグが上がってきたのが驚きでした、かっこえぇ。詳しいレース結果は Yahoo! Formula 1 にて。

 ヴィルヌーヴ・フィジケラ(+モントーヤ)の絡みは少し面白かった。というのも、予選でヴィルヌーヴがフィジケラを妨害したらしい。フィジケラは予選後ザウバーガレージに怒鳴り込み、まだコックピットのヴィルヌーヴが激怒するフィジケラに何事かうなずいて、フィジケラ肩を震わせながら帰ってゆく。それを根にもって(?)、本戦でも執拗にヴィルヌーヴに迫るフィジケラ、というシーンが何度か画面に映った。
 激怒するフィジケラの映像は地上波でもきちんと放送された。こういうのは珍しいと思う。わーホントに怒ってるよ、と、ちょっと笑ってしまいました。しかしどうせなら走りで逆襲してほしかったなあ。ずーっとずーっとヴィルヌーヴ・フィジケラ・モントーヤの 3 人は仲良く並んで走って順位が変わらず、ピットアウトのタイミングでようやくフィジケラが抜いたという。
 それ以外には特記すべき事項ナシ。最後 30 分はうとうとしてしまって表彰台とか見れなかった…。

 要するにわたしの不満は(以前も書いたけれど)、F1 初心者にも分かりやすい激しいバトルがなければ面白くない・応援しているチームやドライバーが活躍しなければ面白くない、という部分にある。本当は、ちょっと興味を持ったことを調べれば、いろいろな駆け引きが理解できてきて、見た目派手なレースでなくても楽しめることが増えてくる。けれど、それでもやっぱり贔屓のドライバーの笑顔が見たい。というかそもそもトップ争い以外は画面にも映らなかったりするわけで。
 アロンソとシューマッハの二台巨頭体制は、しばらくこのままなのだろうか。他のチームがもっとがんばってくれないとつまらない。どうでもいいお喋りで放映時間をもたせているようなフジの姿勢も悪いと思う。永井くんと優ちゃんのファンだから F1 見てるよ!という人がどのぐらいいるのか定かではないが。


テクノラティ:

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。